Since 27/May/1997 A Dog of Flanders

CONTENTS MENU
Corner Top
PATRASCHE
end_of_button
flanders_logo
bar
TV NewsPaper Books
一枚のコイン

一枚のコイン
ある日、親友のアロアを描いた絵を主人公ネロとの交友を望まなかったアロアの父コゼツは愛娘アロアを 帰宅させた後にネロに貨幣を与えようとする。主人公ネロは友人であるアロア の絵からお金を貰うつもりは 毛頭なく貧しい生活のためや大好きなルーベンスの絵を見るための資金にもなりえたかもしれない一枚のコ インを断るのであります。 私は物語の最後の 金貨を拾う場面も好きですが、この冒頭のやり取りが教えてくれる大切な価値観。物質 的な豊かさでなく精神的な豊かさを教えてくれるこの場面に「フランダースの犬」の”原作”が 教え てくれる真実があると思います。


本当の希望

何故?原作なのか!
何故?ネロとパトラッシュが死を迎えなければならないのか?

私はこの物語に秘められた魅力の中で「絶望の中から見出す”希望”」という物を感じます。困難の無い 打開策の見える中では”希望”は簡単に見つけだす事が出来るでしょう!井戸か ら水をくみ出すのは簡単で すが、水の無い涸れた井戸から水をくみ出す様に「絶望の中から見出す”希望”」というのはとても難しい ものだと思います。 日本での震災や世界中で起き ている内戦や悲劇の中でかけがえのない肉親や友人を失った人々にとってハ ッピーエンドなストーリーがどれだけ心にうったえるものがあるか疑問です。彼らの家族や肉親はハリウッド のハッピーエンドヴァージョンの様に死を避ける事は出来ません。一生心の何処かに大切な物を失ったこころ の傷を背負いながら生きていくのです。悲劇や悲しみは時や年齢や性別を選 ばず容赦なく訪れる事があります。 だから、、もしネロが死ななかったら・・・・ もしネロが天国へ導かれなかったら・・・・もっと大きな悲しみを抱えている人はどうなるのでしょう?ネロ やパトラッシュが貴方自身、貴方の両親、貴方の大切な友人だと思って下さ い。この原作の物語が果たして自 殺を助長すものなのか?私はそうは思いません。きっとネロとパトラッシュからの素敵なメッセージが聞こえ てくるはずです。それが作者ウィーダから のメッセージでもあり原作だけが持つ魅力だと思うのです。


K.Oshima 25/July/1999

BACK

A Dog of Flanders

空間スペース for IE
Space_Bar