Since 27/May/1997 A Dog of Flanders

CONTENTS MENU
Corner Top
PATRASCHE
end_of_button
flanders_logo
bar
TV NewsPaper Books
アジア理解ー口座(3)「越える文化、交錯する境界」岩淵功一=編

越える文化、交錯する境界
記事記載承諾済み

山川出版社 http://www.yamakawa.co.jp/

「犬はあなたで、犬はわたし」(アニメ「フランダースの犬」の旅をめぐって)
山梨大学教育人間科学部講師 清水知子氏

アジア文化と日本文化の交錯する様々な側面をテレビ・アニメ・音楽・マンガなどをテーマに取り上げとても興味深い分析をされているお奨めの一冊です。

他の人から話を聞くとき自分自身が知らなかった、または思いもよらなかった新しい発見が人から伝わる時がありますがまさにこの本も新しい「発見」が私にはありました。 特にテレビでアニメーションを見てから知った私たちの世代がどのような時代背景の中でこの物語を見ていたのか?等の話は読んでいてとても見入ってしまいました。

当時日本文化禁止の韓国において何故フランダースの犬が広まったのか?また放送が許可されたのか等の理由が書かれています。韓国の方のお話ですと当時韓国のアニメーシ ョンだと思い皆ご覧になっていたようです。ただ私個人としてはいかなる理由にしろ禁止されずに人々に伝わったという点が一番嬉しく思っている点です。今回このテーマを 取り上げられました清水知子先生に新しい発見のプレゼントを頂いたような気が致しました。

19/April/2004


BACK

A Dog of Flanders

空間スペース for IE
Space_Bar