Since 27/May/1997 A Dog of Flanders

CONTENTS MENU
Corner Top
PATRASCHE
end_of_button
flanders_logo
bar
TV NewsPaper Books
ホーボーケン・ネロとパトラッシュの路面プレート


ホーボーケン観光センターは何処へ・・
ネロとパトラッシュの路面プレート(引き)  本当に久しぶりにホーボーケンの街を訪れました。アントワープの街同様にホーボーケンの街も過去の建築物を大切にするヨーロッパの町並み同様に以前訪れた時と同じ街の景色が広がって いました。

 ところがとても残念な事にこの銅像の真後ろには以前ホーボーケン観光センターがあったのですが現在はこのセンターが無くなってしまいました。まだセンターがあった頃は日本や他の国か ら多くの観光客が訪れ自分の訪れた足跡にという事でセンターの壁に貼られた世界地図には沢山のガビョウが所狭しと自分自身の出身地の位置へ刺さっていました。

 とても残念な事にですがセンターは現在閉鎖されてしまいましたが、ネロとパトラッシュの銅像は今も同じ場所にあります。しかし以前は観光センターがあり名物であった世界地図には世界中 から観光客が訪れて出身地にピンを記念に刺すという楽しみが無くなってしまったのはとてもとても残念な事でした。


ネロとパトラッシュの路面プレート(寄り)

 センターが既に無くなってしまい少し気持ちが沈んでいたのですが、ふと足もとを見ると見たことのない黒いプレートが・・・

 Nello en Patrasche, HOBOKENと書かれていましたがどうやら数年前にこのプレートが新たに設置されたようです。こちらには全く情報が入っていなかったので本当に驚いてしまいましたが、 ホーボーケンには結構前から原寸大の風車が作られるという話があります。その風車の中は様々なフランダースの犬関連の資料が閲覧出来る内容を模索していると聞いた事があります。 ただそれから時間もたっていますが、中々こういう事は紆余曲折で進んだり途中で止まったりといろいろありますので正直まだわからないといったところでしょうか?

 ただ個人的な願いとしてはアントワープとホーボーケンがもっと連携して物語を盛り上げて欲しいという願いがあります。私にとって両方が大切な場所なのですから・・


K.Oshima 6/June/2010


大きな地図で見る

BACK

A Dog of Flanders

空間スペース for IE
Space_Bar