Since 27/May/1997 A Dog of Flanders

CONTENTS MENU
Corner Top
PATRASCHE
end_of_button
flanders_logo
bar
TV NewsPaper Books
フランダースの犬着物(きもの川久)

フランダースの犬きもの(ピンク)

フランダースの犬きもの
 フランダースの犬のきものが製作された事を知り、大変お忙しい中お時間を頂き完成したフランダースの犬のきもの(ピンク色)を取材しました。当時取材させて頂いた時に川上社長様から同じ構成の色違い(青色)のきものも製作中との事 で青いヴァージョンのきものが完成するのを楽しみにしておりました。

 翌年2011年は個人的な都合や社会的にも様々な出来事が起きてしまい青いフランダースの犬のきものを取材するきっかけを失っておりました。今回この青いヴァージョンのきものも含めて前回取材した際のピンクヴァージョンのきものもあわせてご紹介した いと思います。また今回大変お忙しい中取材を許可して下さったきもの川久代表の川上夫妻様に心から感謝申し上げます。

フランダースの犬きもの(ピンク)拡大 フランダースの犬きもの(ブルー)拡大



青色の完成!
 川上様のお話ではアニメーションの様な絵柄をきものに導入するのは難易度の高い作業であることをお伺いしました。きものを近距離から見ると非常に繊細な糸で絵柄が描かれておりキャラクターの瞳の中や衣装までも多くの時間と労力が必要であるとわかりました。 美術館で絵画を見る時にまず近くで見てから一定の距離を保ってから見ることをします。なぜかというと色彩のグラデーションや中間色が近くで見るとその技法がわかります。まるでブラウン管の3色の並びを近くで見てから再度距離をおいてから見ると「なるほどこの 配列だとこの様に見えるのか」と画家の技法に感動したりします。しかしこのきものは近くで見てもさらに繊細な作り込みがわかり物理的に非常にきめ細やかな裁縫技術で作られているのがひしひしと伝わってきました。

 取材を終え帰宅してすぐにこの青い着物の写真をベルギー人の友人たちへ公開したところ極めて強い関心を寄せました。やはり外国人の方々は着物が好まれると痛感したのですが彼らにとって従来の着物の美しさと同時にアニメーションのキャクターが描かれた着物は 彼らにとってとても新鮮なものに映ったことでしょう。近い将来多くの日本人やベルギーの人々にもぜひ見て頂きたいと思いました。

フランダースの犬きもの(ブルー)

株式会社 川久(かわきゅう)
〒270-2204 千葉県松戸市六実4−3−8 TEL: 047-387-4152 FAX: 047-387-5666
営業: AM10:00~PM7:00 定休: 火曜、第1・3水曜



K.Oshima 23/February/2015

BACK

A Dog of Flanders

空間スペース
Space_Bar